ループインフォール

映画・ドラマ・ゲームネタが多めの雑記ブログ

【感想・ネタバレ】ララランド|すげぇ映画を観ちまった・・・!

スポンサーリンク

映画「ラ・ラ・ランド」は昨年、2016年の12月にアメリカで公開されてから現時点(2017年2月24日)で既にアカデミー賞20数部門を受賞。

映画のサントラも全英の音楽チャート1位を獲得しています。

そんな世界中で話題になっている作品を、早速観てきました。

 

結論からいうと、最高でした!

 

映画館で「ゼロ・グラビティ(3D版)」を観た時の衝撃に近いものを感じました。

映画すごいなぁ、どんどんすごいのが出てくるんだなぁ。

 

僕、ミュージカル映画って小学校の時に視聴覚室(懐かしい響き)で観た「サウンド・オブ・ミュージック」くらいしか知らないんですが、こんなココロオドルもんなんですね。

 

ということで、さっさと詳しい感想いきます!

先ほど観たばかりで考えがまとまらない部分もあるので、適当にポイントを絞って書き殴っていきます。

 

ララランドの感想・ネタバレ

オープニングから超引き込まれる

大渋滞中の高速道路、アップテンポでどこか懐かしさを感じるジャズ調の(説明下手)曲をバックに、ドライバーたちが一斉に踊り出すオープニングシーン。

このシーンで完璧に引き込まれました。

よくわかんないけど、なんかすげぇことしてる感。

 

特にすごいと思ったのはカメラワーク。

冒頭から6分近い長回しになってるんですが、カメラをグルグル回して周りの状況を上手く映したり、被写体が流れるよう移り変わっていくのは芸術的で鳥肌立ちまくりでした。

このカメラワークについては全編通して感じた部分なので、これから観るという方はぜひ注目してほしいです。

 

テーマは「夢」

セバスチャンには「ジャズの店を開く」という夢が、ミアには「女優になる」という夢があります。

夢に向かって邁進する二人でしたが、現実の厳しさ(ジャズは今時流行らない&女優はあまりにも狭き門)を知り挫折、生活や将来のことを考えて、やむなく夢の軌道修正をすることになります。

 

しかしその後、ミアは自費制作した舞台が映画関係者の目に入ってスカウトされ、一発逆転。

セバスチャンも、最終的にはジャズの店を開いて大成しています。

 

ベタでありがちな展開かもしれませんが、不思議と「つまらない」とは感じませんでした。

 

世間を知らない若者が、大きな夢に向かってひた走る。

立ちはだかる大きな壁を感じながらも、それらを乗り越えようと必死に努力する。

しかし、それにも限界がくる。

「さすがにもうだめだ」と諦めかけたとき、思いがけない幸運が舞い込んで、夢がかなう。

 

こうして書いてみると、結構ご都合主義感があるんですが、なぜかこのプロセスがリアルに感じました。

「あぁ、夢が叶う時って、意外とこんな感じなのかもなぁ」と。

 


映画『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーンが歌う「AUDITION」

 

ミアが最後のオーディションで歌った「AUDITION」。

夢を追う若者への応援歌になっています。

 

二人の関係までは成就しない

「ずっと愛してる」と語り合った二人ですが、最後は別々の道を歩むことになります。

これも個人的には好きでした。

「夢」に関しては大成した二人ですが、恋愛関係まで成就しちゃうとあまりにもハッピーエンドすぎて途端にストーリーが嘘くさくなる。

だからバランスをとるという意味でも、このラストは正解だったと思います。

 

それからセバスチャンが未練を感じていて、「たられば」の世界を最後にミュージカルで表現したのも良かった。

こういうのって、案外男のほうが引きずるんですよね。

 

ミュージカルシーンの使い方が上手い

冒頭でも書きましたが、僕はミュージカル映画をほとんど観たことありません。 

(あ、そういえば「レ・ミゼラブル」も観たけど、途中で寝ちゃいました)

そこで僕なりに、「映画でミュージカルを挿入することで得られる利点」を考えてみたところ、

  • アクセントになる
  • 物語を違和感なく端折れる
  • 芸術的表現ができる
  • 感情表現に使える

こんな感じになりました。

 

ララランドはこれらの利点を上手く活用していて、ミュージカルを使って映画の魅力を最大限に引き出しています。

要するに、ミュージカルの使い方が上手い!

 

感想まとめ:非の打ち所がない名作映画

いやー、本当に最高でした!

日本でもこれから間違いなくヒットすると思います。

 

・・・褒めすぎてこれから観る人のハードル上げすぎちゃったかな( ゚д゚)

観る前にハードル上げすぎても良いことないんで、できればあんまり期待せず観てくださいw

 

ということで、今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

 

関連商品

ララランドのサントラ(輸入盤)

 

ララランドのサントラ(日本盤)