ループインフォール

好きなことを書いていく雑多ブログ

【記者会見の内容まとめ】ガンで闘病していた小林麻央さんが死去

昨晩、2017年6月23日の夜、ガンで闘病していた小林麻央さんが他界されました。

そのことで同日14時30分、夫である市川海老蔵さんが緊急記者会見を開きましたので、当記事にまとめます。

亡くなられた時

海老蔵さんは、麻央さんが亡くなられたのは、「昨晩」と表現されていました。

そのため、正確な日付(日を跨いでいたのか)は不明です。

 

最期の瞬間の立会い

海老蔵さんは最後の瞬間に立ち会えたと言っていました。

隣にはお子さんもいたそうです。

 

麻央さんの最後の言葉

海老蔵さんに対して、「愛している」と言ったそうですが、最後の「る」までは聞き取れないくらいだった、とのこと。

 

質疑応答のまとめ

以下、記者による質問と海老蔵さんの応答です。

 

いま一度改めて、麻央さんはどういう方ですか?

「世の中で同じようにガンと闘っている人のためにブログを始めて、同じ病の人たちや苦しんでる方たちと悲しみや喜びを分かち合う姿は、本当にすごい人だなと思った。彼女から教わったものは愛です」

 

海老蔵さんにとって麻央さんはどういう奥さんでしたか?

「僕を変えた奥さんです」

 

麻央さんがよく言っていた言葉など何かありますか?

「言葉ではありませんが、自分よりも相手を心配する優しさ、相手を思う気持ち、これが一番大きかったです」

 

いま、思い浮かぶ麻央さんの表情はどんなものですか?

「どういう表情? 全部です。初めて会ったときから、今朝までの、全部です」

 

麻央さんのお子さんへの言葉などは何かありますか?

「子供、心残りだと思います。どうすればいいんだろうって、考えても答えが出なかったものだと思います。麻央の自身、今回の公演、それから7月にあるせがれ(息子)の公演を見届けることを目標としてましたし、だから心配で心配で仕方ないんじゃないかと思います」

 

海老蔵さんが疲れたことみたいなものはありますか?

「ちょっと多すぎて言葉にはしきれないんですね。もちろんこの後もすぐに舞台がありますし、来月もありますし、勧玄(かんげん)の稽古もあるし、麗禾(れいか)の成長のことも考えないといけません」

「まだ5歳と4歳ですから、これからお母さんっていう存在がふたりには重要じゃないですか。それを失ってしまった。ぼくはその、母親の代わりにはなれないけど、できる限りのことはやっていこうと思っています」