ループインフォール

映画・ドラマ・ゲームネタが多めの雑記ブログ

【評価・感想】戦場のヴァルキュリア リマスター版【PS4】

スポンサーリンク

f:id:mcr7760:20171002133502j:plain

みなさんこんにちわ!

今回はPS4専用ソフト「戦場のヴァルキュリア リマスター版」の評価・感想です。

いやー、ようやくプレイすることができました。

ずっとプレイしようと思っていたんですが、いつも先延ばしにしちゃって結局やれてなかったんですよね。

このゲーム、発売された当時から評判がやたら良くて、ギネスワールドレコーズに「PS3史上最高のストラテジーRPG」として認定されています。

いわば「約束された神ゲー」なのです。

というわけで、さっそく作品紹介から評価・感想いってみましょう!

戦場のヴァルキュリア リマスター版とは

ストーリー

f:id:mcr7760:20171002132249j:plain

第二次ヨーロッパ大戦(E.W.Ⅱ)の開戦、そして・・・

征歴1930年代のヨーロッパ。

大陸は、強大な軍事力を誇る「帝国」と「連邦」にほぼ二分されていた。

派遣を争う両国は、ついに開戦。

ヨーロッパ全土を巻き込む「第二次ヨーロッパ大戦」(E.W.Ⅱ)が勃発したのである。

 

帝国と連邦に挟まれた小国・ガリア公国。

中立を掲げるこの国を突如、帝国軍が侵略する。

その強大な軍事力の前にガリア軍は敗走。

首都陥落寸前、という絶体絶命の危機を迎えるがガリア義勇軍の小隊長の意表を突いた作戦の前に帝国軍は撃退される。

戦場のヴァルキュリア リマスター 公式サイト | SEGA

 

架空のヨーロッパが舞台となっており、主人公は「ガリア公国」という小国の青年「ウェルキン」。

彼が徴兵によって義勇軍・第7小隊の隊長となり、侵略してくる帝国と戦い、仲間とともに成長していくお話です。

 

ゲームシステム

f:id:mcr7760:20171002124619j:plain

ジャンルとしてはシミュレーションRPGに分類されます。

自軍のユニット(キャラクター)を動かしてマップに配置し、なるべく有利な状況を作りながら敵を殲滅&敵拠点を制圧していく。

スーパーロボット大戦をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

また、本作には敵を攻撃する際、TPSやFPSのように照準で狙いを定める動作がありますが、銃を構えた時点でゲーム時間が完全に停止するため、エイム力(敵をすばやく的確に狙う技術)は一切必要ありません。

テクニックよりも頭を使うゲームになっています。

 

f:id:mcr7760:20171002132344j:plain

 

ストーリーは章立てで進んでいき、基本的に「ムービーや会話シーンによるストーリー進行」→「戦闘」の繰り返しです。

 

f:id:mcr7760:20171002132411j:plain

 

戦闘終了後は自軍の編成やユニットの強化、兵器開発、兵装の変更、などが可能。

「キャラクターや兵器のレベルが低すぎて戦闘に勝てない」という場合は、「遊撃戦闘(何回でもプレイできる戦闘)」で経験値&お金を稼ぐこともできます。

 

オリジナル版とリマスター版の違い

f:id:mcr7760:20171002132636j:plain

本作は2008年に発売されたPS3専用ソフト、「戦場のヴァルキュリア」をリマスター化したもので、オリジナル版と比べると下記の違いがあります。

  • 映像出力が720p/30fps → 1080p/60fps(フルHD化)
  • トロフィー機能の実装
  • DLCが最初から収録されている

 

戦場のヴァルキュリア リマスター版の評価・感想

洗練されたゲームシステム!

f:id:mcr7760:20171002124735j:plain

本作の戦闘に採用されているBLiTZ(「Battle of Live Tactical Zone」の略)システムが素晴らしい。

ターン制のストラテジーゲームでありながら、実際にキャラクターを動かす時はアクションゲームのようになり、敵の視界内&射程圏内に入るとリアルタイムで自動迎撃されます(撃たれます)。

逆にリアルタイムの自動迎撃あることを利用して、「敵のリロードのタイミングに合わせて遮蔽物から遮蔽物に移動」なんてことも可能。

もちろん、相手のターンでは自軍のキャラクターも自動迎撃してくれます。

 

ちょっと説明が難しいんですが、「シミュレーションの中に少しだけアクション要素がある」という感じですね。

YouTubeなどにアップされているプレイ動画を見ると分かりやすいかも。

 


♯1【PS4】戦場のヴァルキュリア リマスター 実況 【7年ぶりの神ゲーSRPG】 1章 ブルール防衛戦

 

戦闘開始は10:45辺りから。

その少し前にシステムの簡単な説明もあります。

 

兵科のバランスが絶妙!

f:id:mcr7760:20171003233334j:plain

本作には「偵察兵」「突撃兵」「対戦車兵」「支援兵」「狙撃兵」と5つの兵科が存在し、各々に特徴があります。

 

偵察兵:体力は低いが1ターンで動ける距離が長く、汎用性が高い。

突撃兵:単純に攻撃力・防御力が高く、ある程度被弾しながらでも敵陣に切り込むことが可能。

対戦車兵:ロケット砲を装備している。戦車に対抗できる唯一の兵科。

支援兵:自軍ユニットの弾薬を補充したり、戦車を修理したり、地雷を撤去することができる。

狙撃兵:スナイパーライフルを使い、遠距離の敵を的確に攻撃できる。

 

これら兵科のバランスが素晴らしく、攻略にはいずれの兵科も欠かせない存在となっています。

いわゆる「死に兵科」がありません。

具体的な力関係を表すと、上記のような「3すくみ」になります。

 

f:id:mcr7760:20171003232902j:plain

対戦車兵を除く4種の歩兵(偵察兵・突撃兵・支援兵・狙撃兵)は、『戦車に弱く、対戦車兵に強い』、対戦車兵は『他の歩兵に弱く、戦車に強い』、戦車は『対戦車兵に弱く、他の歩兵に強い』、という特徴がある。

(公式サイトより引用)

 

「4種の歩兵(偵察兵・突撃兵・支援兵・狙撃兵)」と一括りにされてはいますが、前述したようにその中でも得意分野があり、それぞれに明確な役割が決まっています。

 

難易度はかなり高め!

f:id:mcr7760:20171002133158j:plain

最近(といっても10年近く前のゲームですが)のゲームとしては、かなり難易度が高い方だと思います。

難易度の設定もできません。

僕自身、初見でクリアできたステージはほとんどありませんでした。

加えて1ステージをクリアするのに通しで1時間以上はかかるため、最後の最後でゲームオーバーになると物凄い徒労感に襲われます。

(途中、戦闘中でもセーブできることに気づいてからはだいぶラクになりましたw)

 

f:id:mcr7760:20171002133341j:plain

 

また、ステージ開始時にはマップの細かい構成までわからないので、実際にキャラクターを動かして把握するしかありません。

その際、全く気づかなかった壁の隙間から撃たれたり、壁の裏の伏兵に奇襲されたり、あるいは超遠距離から狙撃されたりなんてことも多々あります。

そのような「初見殺し」的な難しさから、人によっては「理不尽」と感じるかもしれません。

 

水彩画風グラフィックが可愛い!

f:id:mcr7760:20171002132811j:plain

本作の特徴のひとつとして、独特なタッチで描かれる「水彩画風グラフィック」があります。

 

f:id:mcr7760:20171002132926j:plain

 

これは本作のために開発されたグラフィックスエンジン、「CANVAS」によって表現されたもの。

この「CANVAS」は郭線から色がはみ出たり、遠くにあるものは稜線がかすんだり、輪郭が歪んだりするもので、写実的なCGを用いた作品とはまったく別のテイストを醸し出している。

(Wikipediaより引用)

 

個人的にこのグラフィックが大好きです。

 

f:id:mcr7760:20171002132850j:plain

 

「高い難易度」と「シリアスなストーリー」によって強張った雰囲気を和らげてくれるという意味でも、良い仕事してくれてます。

 

ストーリーはわりと平凡

f:id:mcr7760:20171002132727j:plain

ストーリーについては、特筆すべき点はあまりなかったように感じます。

悪いわけじゃないんですが、特別「良い!」とは思いませんでした。

5段階中3くらいかなー。

僕自身、普段からよく戦争を題材にした映画など観ているので、それらと比較すると「斬新さがなかった」と言った方が正しいかもしれません。

 

ストーリー自体は平凡なものの、テーマには人種差別や奴隷制度、大量破壊兵器による抑止力など、かなり真面目で現実的なものが扱われているので、高い年齢層の方でも退屈しないお話になっていると思います。

 

まとめ・総評

f:id:mcr7760:20171002124943j:plain

時間を忘れて没頭するほど面白かったです。

噂に違わぬ神ゲーですね!

一応本編はクリアしましたが、クリア後も引継ぎプレイ(2周目)やDLCがあるので、もうちょっと楽しめそうです。

2周目は最後までやるか微妙ですが、DLCくらいは全部やってみようかと思ってます。

ちなみにクリア時点までの総プレイ時間は23時間くらい。

(戦闘中にもセーブできることに気づいてから「ミスプレイ→ロード」を結構繰り返したので、実際のプレイ時間はもうちょっと長いはずw)

経験値・お金稼ぎは一切せず、ストレートでクリアしました。

 

f:id:mcr7760:20171002133047j:plain

 

ただし、感想の方でも書きましたが難易度はかなり高めの設定になっているので、ある程度ガッツがないと途中で挫折するかもしれません。

グラフィックは可愛らしいけど内容はガチ!

逆に「やりごたえがあるゲームがしたい」という方には超オススメな作品です。

 

ということで、今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!